子どものなわとび。

私の住む地域は秋〜冬にかけて、小学校体育はなわとびのシーズンを迎えます。児童館ではシーズンもなく一年中ある遊び道具なんですが、なわとびは難しいんです。 コツを掴めばできるものの、そこまでがキビシイ。で、教える側の上級生や大人もついつい『こうするんだよ』とか、『なんでできないの?』になりがち。ここでつまづくと後々の運動遊びへの参加度もかなり変わってきます。ということで、なわとびの難しいところを考えてみました。ちょっとお付き合いください。

 

 

1 『跳ぶ』こと

ジャンプのことですが、動作として、かかとをできるだけ着かない。つま先で着地し、足首・ヒザ・ 股関節のクッションを使って跳びます。これが理想。 逆にダメなのが足の裏全体で着地する。そしてヒザだけ曲げて、地面から跳ぼうとするも頭の位置は変わってないジャンプ。 『跳ぶ』なので、体全体が地面から浮かばなくて はいけません。でも『跳べない』子に多いのがドタバタとしたヒザだけを使ったジャンプです。

2 『まわす』 なわの扱い

理想は手首を使ったまわし方。でもそれが出来るようになるには練習です。ちなみにグリップをグーで握るより、親指をグリップに添えて持つと手首が使 える様になります。さて、なわを『まわす』動作。まずは腕をまわして、 なわに力を伝えるのが最初の段階。『道具を使う』という意味の一つに、道具に力を伝えることが含まれると思います。例えばボールを投げるのも、早いスピードを出すためには体重をボールに伝える必要があります。なわは軽いため、慣れな いうちは力を伝えにくいもの。なわの真ん中に新聞をまいたりして、重みをつけてあげるとまわしやすくなります。

3 いよいよ『なわとび』へ

『跳ぶ』『まわす』と見てきて、ここからが難しい。この2つの動作を合わせるとなるとレベル が一気に上がります。しかもこの2つの動作は、人間の自然な動きに反しているんです。 高く跳ぶには全身を使う必要があります。1でも書いたように、足の関節を使う。さらに思いっきり『バンザイ!』をしながら勢いよく跳ぶのが 人間が高く跳ぶ自然な動き。それに対して『なわをまわす』動きは、腕を高いところから振り下ろす動き。高く跳ぶのとは反対の動きなんです。

4 まずは『なわをこえる』

その場で跳び続けるのがなわとびじゃありません。そこで、動きながらなわをこえるのはどうでしょうか?

   『歩きながら、なわをこえていく』

これは『歩く』+『なわをこえる』のミックス。 なにも両足いっぺんになわをこえなくてもいいんです。1,2のリズムで歩くのに、1,2のリズ ムでなわをまわす。そして目の前に来たなわをこえる。ここから始めてみるといいかもしれません。

5 まとめ

今回は幼児期のなわとびについて書いたつもりです。小学校では『なわとび検定』なるものを実施していますが、判断基準は『何回できた』とか、『何分ひっかからずに跳べた』というもの。 跳ぶ姿に関しての基準はありません。ということは、多少クセがあってもいいんです。ただ、だんだん練習するにつれ、クセはなくなっていきます。 動きに無駄がなくなる、クセがなくなっていくんです。 大切なのは『うまくさせること』よりも、『続けさせること』。指導よりは、励ましなんですよ。

 

以前、私が児童館利用者向けに書いたお便りの記事。
ちょっと子どもの様子を見ていて思い出したので載せてみました。

 

www.painterr17.com

www.painterr17.com