絵本の読み聞かせ。男性保育士が読む絵本。その4。外国作家編

今日紹介するのは外国の絵本です。

今まで紹介した本はみんな日本人作家さんの絵本でした。

外国の絵本は訳が入るので言葉の流れなど、ちょっと読み聞かせに難しいかな?と私は思っています。

また、いい本はあるんですが物語が長かったり。

子どもが集中できる本のボリュームも読み聞かせをするのに重要なポイントでしょう。

f:id:paintree17:20170611113440j:plain

 

www.painterr17.com

www.painterr17.com

www.painterr17.com

 

 

「エドウィーナ」

作 モー・ウィレム  訳 青山南  光村教育図書
絶滅したはずの恐竜の生き残りエドウィーナ。街で大人気の彼女の存在に異議を唱えるレジナルド・ボン・フービ・ドゥービ。登場人物の名前だけでクスッとします。お話も「そんなのあり?」のラスト。ナンセンスな絵本ですが面白いです。

 

エドウィーナ

エドウィーナ

 

 

 

「しゃっくりがいこつ」

作 マージェリー・カイラー  絵 S・D・シンドラー  訳 黒宮純子  セーラー出版
絵本ランキングでも人気の作品ですね。子どもにはリアルなガイコツが主人公です。しゃっくりが止まらないのでいろいろな方法を試すんですが、がいこつだからうまくいかないんです。その描写が楽しい絵本です。

 

しゃっくりがいこつ

しゃっくりがいこつ

  • 作者: マージェリーカイラー,S.D.シンドラー,Margery Cuyler,S.D. Schindler,黒宮純子
  • 出版社/メーカー: セーラー出版
  • 発売日: 2004/10/01
  • メディア: 大型本
  • 購入: 8人 クリック: 134回
  • この商品を含むブログ (44件) を見る
 

 

 

「しろいうさぎとくろいうさぎ」

文絵 ガース・ウイリアムズ  訳 まつおかきょうこ  福音館書店
子どもに読み聞かせする本ではないでしょう。私の中では。これは恋人に送る本です。直球ど真ん中の内容です。気になった方は是非読んでみてください。私は職場の大先輩から薦められ、買いました。

 

しろいうさぎとくろいうさぎ (世界傑作絵本シリーズ)

しろいうさぎとくろいうさぎ (世界傑作絵本シリーズ)

 

 

いかがでしたでしょうか?
「エドウィーナ」と「しゃっくりがいこつ」は絵も楽しめるし、言葉のテンポもよく好きな本です。

「しろいうさぎとくろいうさぎ」は恋人に贈ることをオススメします。