ジャガーΣを履いてみた。made in久留米。

気になって遂に買ったジャガーΣのレビューです。

私の足のサイズは実寸26.3cm。

普段は27.0cmの靴を履いてます。

スキーブーツやクライミングシューズなど、割と窮屈なものを履いたりしてます。

 

www.painterr17.com

www.painterr17.com

 

 

サイズ感。

コンバースのオールスターのように幅が狭いです。

それでいて素材が合皮でボリュームある甲高な感じに作られています。
インソールは入ってませんので、私は27.5cmにインソールを入れて履いてます。

f:id:paintree17:20170613164956j:plain 

履き心地。

とても軽いです。

クッションもいいですね。

インソールは大げさなものではなく、ちょっとアーチがついているもの入れてます。

インソールを入れるのは足が中で滑るのも防いでくれます。

 

見せてもらおうか、久留米産の靴の性能とやらを。

連邦の白い悪魔と奇しくも同じカラー。

和製FIVE TENとも呼ばれ(私だけ)、沢登りシューズとしても地味に評価されている

ジャガーΣですが、そのグリップ性能はバチギキです。
ゴム靴のあのギュッギュッという音を派手に慣らしながら歩けます。
クルマの運転時にもペダルを踏むたび音がなります。 

 

まとめ。 

いかがでしたでしょうか?
欲しくなりませんか?

ジャガーΣ。

コンバースオールスターが昭和56年に登場したのに対し、ジャガーΣは昭和55年に出ています。

もっとみんな履いたら面白いと思いますよ。

f:id:paintree17:20170613164938j:plain