「鬼がくるよ!」遼来遼来!

こちらのニュースを見て想像したのが張遼という三国志大好きコトリです。

headlines.yahoo.co.jp

『遼来々』が広まってますが、本当は『遼来遼来』です。

『遼来々』は吉川英治の三国志で出てきた表現なんです。

鬼やおばけのようなファンタジーな存在ではなく、実在の人が生きている間に恐れらたワケですから、とんでもない恐ろしさだったんでしょうね。

 

 

張遼といえば。

f:id:paintree17:20170716160928j:plain

呂布配下で、後に曹操に使えた猛将で有名です。

呂布配下だった割に義に厚い人物だったようで、蜀の趙雲と並んでゲームではスキのないパラメータを誇ってたりします。

呂布配下で義理に厚いってのが、なんだか引っかかりますけど、戦術面では無類の強さを持っていたのは間違いないです。

それを証明するのに、押し寄せる10万人の敵軍の呉に対し、味方7000人で一歩も引かず、逆に精鋭800人を率いて敵の本陣まで迫り、呉の大将孫権を散々追い詰めた話が残されています。

その時のリアル三國無双な戦いぶりから、呉の街では泣く子に「遼来遼来」というと泣き止んだと言われています。

その後張遼が亡くなるまで、呉は魏に対しての侵略はせず、それが三国鼎立を決定づけたと言われています。

現代の遼来。

「鬼がくるよ!」は確かに「脅し」て言うことを聞かせるやり方。

「鬼が来るよ」はまだかわいいもので、「先生にいうから!」という捨て台詞を吐きながら「先生、あの子怒ってよ」と言われることがよくあります。

私はそんな時は「先生、それを言われても困るし、なんで怒らなきゃいけないの?」って返して、脅しの材料にはならないことと、自分でなんとかすることを伝えています。

 

「人生に必要なことは砂場で学んだ」の言葉のように、子どもは子どもの世界で社会を学んでいきます。

『絵本 地獄』を読む私としては「脅し」も適度に適切に使って行くべきと思います。

 

www.painterr17.com

 

 

人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ (河出文庫)

人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ (河出文庫)