僕も『ボクたちはみんな大人になれなかった』。

題名に惹かれ、読んでしまいました。

 

ボクたちはみんな大人になれなかった

ボクたちはみんな大人になれなかった

 

 

Twitterで話題になっている本のようですね。

主人公の42歳のボク。

不惑前で地方都市に住む私には、その時代の東京はわからないけど、ぼんやりだけどリアルな臭いというか雰囲気が伝わってきた作品でした。

 恋をする感覚って。

『恋はまるで雨上がりのように』の近藤店長のように、恋愛をする感覚って、いつまでも持っているものではなく、いつの間にか忘れてしまう、おいたままにしてしまうのかもしれません。

 

www.painterr17.com

 


作中の

男は過去の自分に用がある、女は未来の自分に忙しい。

が、心に残りました。

私自身、現在一人。

この『42歳のボク』と同じように、一番最初の女性をどこかで引きずっているのかもと、自分を重ね合わせてしまいました。 

ハッピーエンドなのか、バッドエンドなのかはわからない。

女性が読めば、オトコは所詮子どもと言われるのかな。

 

ふと思い出したのがドラえもんののび太くん。
いつまでも子どもだと思っていたのび太くんは静香ちゃんと結婚する。

のび太くんはダメでどんくさくても、大人だっんだ、と。