インプットが少ない!

人生常にインプットとアウトプットが満たされていればいいんだけど、ここ最近滞りがちです。
記事にならずにいるけど、書こうと思っているネタをいくつか忘備録に。

 吉村昭 『羆嵐』を読んだ。

 

羆嵐 (新潮文庫)

羆嵐 (新潮文庫)

 

 

めっきり寒くなり、そろそろ熊も冬眠を迎えるのでは?

去年は頻繁に熊の目撃情報が出てたけど、今年は話題にならないな、と。

新聞には目撃情報が乗っているけど、慣れてしまったのか?

 

慟哭の谷 北海道三毛別・史上最悪のヒグマ襲撃事件 (文春文庫)

慟哭の谷 北海道三毛別・史上最悪のヒグマ襲撃事件 (文春文庫)

 

 『羆嵐』は物語としてまとまっているけど、『慟哭の谷』はドキュメンタリー作品。

本州育ちで良かったと思うが、赤カブトの例もあるので油断はできない。

 

銀牙-流れ星 銀- コミック 1-10巻セット (ジャンプコミックスセレクション)

銀牙-流れ星 銀- コミック 1-10巻セット (ジャンプコミックスセレクション)

 
銀牙 文庫版 コミック 全10巻完結セット (集英社文庫―コミック版)

銀牙 文庫版 コミック 全10巻完結セット (集英社文庫―コミック版)

 

 


『ゴールデンカムイ』も改めて羆の恐怖を感じられる作品。

 

 


『腕 ー駿河城御前試合ー』 森秀樹

 

[まとめ買い] 腕KAINA?駿河城御前試合?
 

 


南條範夫の時代小説『駿河城御前試合』が原作。

 

駿河城御前試合 (徳間文庫)

駿河城御前試合 (徳間文庫)

 

 

この作品中の短編に焦点を当てたのが山口貴由による『シグルイ』。

 

 

『腕』はやはり南條範夫の作品を原作としているが試合展開や結末が森秀樹によってアレンジされている。
森秀樹は酒見賢一の『墨攻』を漫画化したことでも有名。

 

[まとめ買い] 墨攻(ぼっこう)(ビッグコミックス)

[まとめ買い] 墨攻(ぼっこう)(ビッグコミックス)

 

 

その他『子連れ狼』の続編も書いたり、重厚な劇画タッチの作風が特徴で、『腕』も読み応えのあるものにしている。
『群青戦記』での松平信康の祭りでみすぼらしい姿をした百姓を弓で射った話もだが、知られてない徳川家の黒歴史。 

駿河大納言も江戸初期を賑わせたんだろうな。